loader image

良・不良

良・不良

商品を作っているときに誰もが疑問に思うのが、不良かどうかの見極め方です。説明の際にはこの特徴をもったものは不良ですと伝えますが、それでも必ず許容範囲というものがあります。

几帳面な人やこだわりが強い人は丁寧に作りたい気持ちから、許容範囲が厳しくなりがちです。不良かどうかは業者からの基準が目安となりますので、自分が納得できなくても許すという気持ちが必要になってきます。

また、許容範囲が広すぎると、あきらかな不良を世に送り出してしまうかもしれません。これは会社の信用に関わりますので、商品の検品をうるさいくらい声掛けを行なうこともあります。ポイントをしっかり覚え検品をお願いいたします。

幸福🥰

台風一号🌀

最高気温30度☼